環境、社会、世界経済への多くのプラスの影響

適切な戦略を立てて特に大規模に採用されれば、海藻栽培は、生物多様性の損失、過剰な窒素(富栄養化)、海洋酸性化、気候変動、土地利用紛争を緩和するための解決策となれます。耕作方法は生態系の回復にも適用でき、繊細な昆布林への圧力を和らげます。 養殖海藻は、エネルギーを必要とする陸上のバイオマスや化石燃料由来の製品に取って代われます。 また、海藻バイオプラスチックやその他の生体材料を採用することで、海洋のプラスチック汚染を削減することさえできるのです。

海藻栽培の主な環境上の利点は次のとおりです。

Seaweed Line In Sun

炭素の回収と貯蔵

海藻は二酸化炭素を捕獲して植物組織に貯蔵し、研究者たちは現在、この捕獲された炭素がどの程度隔離されるかを調査しています。これは、バイオマスが沈む深海、または溶存有機物のプールに効果的に貯蔵または閉じ込められることを意味します。1トンの海藻は推定120kgのCO2を捕捉できますが、これはブルーカーボンの文脈において今までほとんど注目されていなかった貢献です。特に大規模に養殖する場合、海藻養殖は、バイオマスの用途に応じて気候変動と海洋酸性化に対して中立的またはプラスの影響を与える可能性があります。

Seaweed Live Very Close-Up

バイオレメディエーションと水質

新しい土地で養殖を開始すると、海の炭素と栄養素の循環にも効果が得られます。海藻は、流出水や魚の養殖からの過剰な無機栄養素をろ過することが可能で、追加された酸素とともに、局所的に水質を改善するのに役立ちます。農場の適切な戦略と場所により、海藻は富栄養化と低酸素症を緩和すると同時に、地域の生物多様性を高めることができます。1トンの海藻は約2kgの窒素と0.2kgのリンを吸収できるのです。

Environmental Benefits Seaweed

生物多様性と魚

養殖海藻は一時的な森として機能でき、小さな水生動物や魚に餌や避難所を提供します。ある研究では、海藻養殖場は周囲の海と比較して73%多い種(19種)が発見されました。研究によると、海洋生物は、収穫後に新しい海藻作物が植えられるとすぐに回復します。海藻の生息地は、漁場の近くで漁獲できる商業的に重要な品種に避難所を与え、地元の魚たちを増殖させることができます。養殖場が支える魚のバイオマス量は分析中ですが、研究者は、天然の海藻床が昆布1トンあたり推定10kgの魚を支えると発見しました。

Seaweed Sustainable Development Goals

責任ある生産

私たちは、産業プロセスの全段階において責任ある生産を行っています。当社の製品は、孵化場から海や包装まで追跡可能で、厳格な品質管理を実施し、オーガニック認定を受けています。海藻は栄養価が高く、食品、健康製品、動物飼料用の環境に優しいバイオマス源です。これらは、他の業界の環境への影響を抑え、資源のより良い活用とより持続可能な製品の生産に向けたコラボレーションを促進してくれます。

Seaweed And Fish
ご存知でしたか?

海藻の金銭的クレジットは、あらゆる規模の業者に事業の継続または拡大のための重要な資本を提供します。海藻または「ブルーカーボン」は、各国の炭素インベントリーに含まれカーボンオフセットメカニズムで使用されるまでに、非常に遅れを取っています。栄養素クレジットはすでにいくつかの国で検討されています。野生の魚の資源に対する海藻のプラスの影響も補償されるでしょう(魚の補助金に対する現在の世界的な支出は年間300億米ドルです)。